今さら聞けない!韓国旅行の知っておくべき基本情報をお届けします!

韓国の物価価格は安い?高い?

 

View this post on Instagram

 

Ariel Parkさん(@gorgeousariel0816)がシェアした投稿

ショッピングやグルメを楽しむのに気になるのが、韓国の物価ですね。昔から「韓国は安い!」「韓国旅行は激安!」と言われてきましたが、最近では韓国も物価がどんどん上昇しています。

韓国の物価は、全体的に日本とほぼ同じと考えておくのが良いですね。その一方で、グルメや衣料品などはいまだに韓国の方が安いと言われています。

食事は韓国の文化ということもありますが、おかず類などが無料でおかわり出来たり、一人前の量も多いのが一般的です。そのため、同じ1000円で食事をしても、韓国では日本の倍食べることが出来るというわけですね。

また、衣料品やバッグなどアパレル関係も安いですが、日本の物と比べると裁縫が悪く「値段相応」と言うのが正直なところ。海外ブランドなどのお値段は変わらずなので、安くて良い商品を探して歩いてみるのが韓国旅行の醍醐味と言えそうです。

韓国旅行にビザは必要?

 

View this post on Instagram

 

민 화 (Grace)さん(@minhw.a)がシェアした投稿

韓国を訪れる際には、飛行機でも船でも必ずパスポートが必要となります。

パスポートは有効期限の残存期間が3カ月以上が必要で、旅行会社を通して旅行を申し込む際には必ずチェックされる項目でもあります。

また、往復航空券を持っている場合、90日以内の観光目的の滞在ならばビザは不要となっています。90日以内に帰国する予定でも、商業目的であったり留学であったりする場合は、ビザが必要になってくる場合があるので、その都度調べてみるのがおすすめです。

また、最近では偽装結婚や不法滞在などの問題から、結婚でのビザ取得もかなり大変とのこと。平日しか手続きできないため、パスポートやビザに関しては、なにかと早めに動いておくのが良いですね。

韓国の祝祭日は日本と同じ?

 

View this post on Instagram

 

@_che_0がシェアした投稿

韓国も日本と同じく、多くの学校や会社が土日休みの週休二日制となっています。日本に天皇誕生日やみどりの日という、独自の祝日があるように、韓国にも韓国だけの祝日があります。

また、日本のお正月は1月1日の元旦ですが、韓国では旧正月と秋夕の連休があるのが特徴です。この期間には飲食店やデパートなど、多くのお店が休業となるため注意しましょう。日本から旅行を予約する際、異常に旅費が安い期間があった場合には、一応日程を確認しておくのがおすすめです。

2019年の旧正月

2019年2月5日が旧正月当日(元旦)。前日の旧正月大晦日2月4日が月曜日のため、2月2日土曜日から2月6日までは旧正月連休となります。

2019年の秋夕

2019年9月13日が秋夕当日。前日の9月12日から土日を含めた9月15日までが、秋夕連休となる予定です。

日本のお正月はどの年でも1月1日ですが、韓国の旧正月と秋夕は、その年によって日にちが変わるのが注意したいポイントです。