SIXTEENからプデュまで韓国のオーディション番組を徹底解剖!

PRODUCE101 シーズン2

 

View this post on Instagram

 

Wanna One 워너원さん(@wannaone.official)がシェアした投稿

お次はMnetで放送された「PRODUCE101 シーズン2」です。こちらはシーズン2ということで、1とは違いオーディション参加者は全て男性限定。

この番組からデビューを果たしたのは、今年大ヒットを記録し続けた人気アイドルグループWannaOneです。視聴者による国民投票で選ばれた11人ですが、やはり男性アイドルということもあってシリーズ2より多くの人気を集めました。

しかし、そんなWannaOneも年内で予定通りに解散することが先日正式に発表されました。韓国の経済効果にもかなり影響を与えたと言われているので、このまま解散するのはとても残念だという意見が多く寄せられています。

活動最後となるコンサートは2019年1月にソウルで行われるため、気になる方は最後の姿を見納めてくださいね!

PRODUCE48

 

View this post on Instagram

 

@official_izoneがシェアした投稿

日本でも多くの注目を浴びた最新のオーディション番組と言えば「PRODUCE48」です。こちらは先ほどのPRODUCE101と同じシリーズですが、AKB48グループが協力した日韓同時放送の番組として話題を集めました。

日本と韓国(その他外国人も含め)96名の女性が参加し、12名の合格者がIZ*ONEとしてデビューを果たしました。日本からは宮脇咲良(HKT48)、矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48)の三人が見事メンバー入り!

しかし、このグループもまた期間限定での活動。解散は2021年4月までということなので、期間限定としては結構長い期間活動を行います。すでに日本の音楽番組にも出演しており、楽曲もヒットしているためみなさんもぜひ聴いてみてくださいね!

オーディション番組が人気の理由は?

 

View this post on Instagram

 

PRODUCE X 101 SEASON 4さん(@produce101s4.mnet)がシェアした投稿

ここ数年、どのオーディション番組も非常に人気が高く、そこからデビューを果たすと大ヒットを記録する傾向があります。では、なぜオーディション番組にこれだけ注目が集まっているのでしょうか?

その理由はまさに「国民投票」ではないかと思います。韓国のオーディション番組は、その審査を審査員とは別に国民プロデューサーと呼ばれる視聴者が簡単に投票できるのが特徴のひとつ。

そのため、実際にオーディションを受けていく過程をテレビで見守りながら、応援したいメンバーに一票と投じられるというわけですね。実際、ある日突然デビューしたアイドルよりも、オーディションを見守ってきたメンバーへの想い入れが強くなる傾向があります。

アイドルというのはどうしても“雲の上の存在”というイメージがありますが、こうして視聴者も一緒にデビューするメンバーを選んでいくことでちょっとだけ近い存在になれるような気もしますよね!

こうした流れから、すでにデビュー前に多くのファンを獲得しているためデビューが決定し、アルバムを発売すれば大ヒット!となっているようです。

期間限定グループはその後どうなるの?

 

View this post on Instagram

 

@official_izoneがシェアした投稿

人気のオーディション番組とそこから晴れてデビューを果たしたグループを合わせてご紹介してきました。本当にどのグループもK-POP好きの間では知らない人はいないほど、有名なグループばかりでしたね!

その一方で気になるのが、期間限定という“終わりが決まっている”グループです。人気絶頂で解散というのはとっても残念でもったいないことではありますが、それもまたオーディション番組の特色のひとつと言えますね。

グループ解散後は自身が元々所属している事務所へ戻り、新しいグループとしてデビューする場合やグループへ再び合流する場合、またユニットやソロとして活動するアイドルも多くいます。

しかし、一方ではグループが解散したと同時に仕事がなくなり、ソロでデビューしても鳴かず飛ばずというアイドルも居るのが現状。話題性にはなるオーディション番組ですが、その後の未来を考えるとなかなか難しいシステムとも言えます。

せっかく掴んだアイドルデビューという夢を、どんな形でも良いので継続していってくれたら嬉しいですね!