K-POP&韓国歌手

2PMメンバーの人気順を発表!プロフィール(名前・身長・誕生日・性格)も詳しく紹介!

2PMメンバー人気順 2位:テギョンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

voiyeon(@taeccoolokay)がシェアした投稿 -

テギョン
本名:オク・テギョン(옥택연 、Ok TaecYeon)
生年月日:1988年12月27日
血液型:AB
身長:185cm 体重:76kg
担当:ラップ、ボーカル

人気順第2位は文武両道なファッションテロリスト、テギョン。

見た目はワイルドでイケメン、まさに2PM!の爽やかボーイなのですが、ファッションコーディネートが苦手でファッションテロリストと呼ばれています。でもイケメンなので関係ありません!

家族の仕事の関係でアメリカ・ボストンに7年間滞在していたため英語が堪能、2012年に大学の卒業認定のため受験したTOEICでは驚異の990点!天は二物を与えるんですね。

テギョンは2017年9月に入隊しましたが、彼の入隊に関しては韓国で大きなニュースになりました。テギョンはアメリカでグリーンカード(永住権)を取得していながら、韓国人として徴兵制度に参加するため2010年に放棄しています。

その上、椎間板ヘルニアのため代替服務判定を受けたにもかかわらず、手術と治療を経て現役入隊、その決断が「国民の模範」と讃えられたのです。

芸能人の入隊に関しては厳しい意見が多い韓国ですが、テギョンはたくさんの賞賛を受けました。

そしてテギョンといえば猫のキャラクター「OKCAT(オクキャット)」の話題は外せません。Twitterのフォロワー8万6千越えの人気者、OKCAT、いやテギョン恐るべしです。

2PMメンバー人気順 1位:ニックンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nichkhun - a fan log(@nichkhun.log)がシェアした投稿 -

ニックン
本名:นิชคุณ หรเวชกุล (Nichkhun Buck Horvejkul)(닉쿤 、Nichkhun)
生年月日:1988年6月24日
血液型:O型
身長:180cm 体重:64kg
担当:ボーカル、ラップ

人気順第1位はタイの王子様と呼ばれるニックン。

タイ人の父と中国系アメリカ人の母の間に生まれたニックンはカリフォルニアに留学中、コリア音楽祭でJYPエンタテイメントにスカウトされ、2006年に練習生として渡韓しました。

ニックンは2PMで唯一の外国人メンバーです。タイとアメリカの国籍を持っており、英語、タイ語、韓国語、中国語と日本語を使うことが可能。そのため、ファンからは言語の天才と呼ばれています。

ニックンの魅力はビジュアルだけでなく、性格が良いことでも有名な紳士です。落ち着きがあり穏やかな性格の持ち主で、メンバーからはおじいちゃんぽいとも言われるようです。

そしてひたすら努力家。かなりの綺麗好きでもあります。タイの広報大使としても活躍しており、ニックンはタイへ行くと国賓クラスの待遇を受けるそう。

2018年12月、日本でに1stソロアルバム『ME』を発売、11月と12月に大阪と東京で5回に渡りソロコンサートを大成功させ、2019年6月にはアンコールコンサートが予定されています。

2PMのメンバーは俳優としても活躍中!

2PMのメンバーはグループとしての活動だけでなく、ドラマや映画で俳優として活躍しています。たくさんある出演作の中から、絶対見て欲しいドラマをご紹介します。

『ただ愛する仲』ガンドゥ役、ジュノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

韓国ドラマ【BS11公式】(@koreandrama_bs11)がシェアした投稿 -

『ただ愛する仲』(2017)は2PMジュノが主演のドラマです。

ショッピングモール倒壊事故で家族を亡くし、トラウマに苦しむ主人公イ・ガンドゥをジュノが演じ、相手役はこのドラマが初主演、オーディションで選ばれたウォン・ジナというキャスティングが話題を呼びました。

ジナが演じるハ・ムンスも、同じ事故で家族を亡くしています。ジュノが演じたガンドゥですが、とにかく辛くて重い役です。生きていることへの罪悪感や生きていくことへの重圧がガンドゥから痛いほど伝わってきます。

ジュノは俺様キャラとして有名ですが全て封印、繊細で脆いガンドゥを完璧に演じています。

一つ一つのエピソードがとても丁寧に描かれており、視聴しながらドラマのキャラクターたちと一緒に悩み考え、最後は癒される、素晴らしいドラマでした。ジュノの俳優としての卓越した才能がこのドラマを支えています。

全編が釜山ロケなので、釜山の美しい風景も見どころの1つ。ジュノ演じるガンドゥと一緒に釜山の空気を感じてください。

『戦おう、幽霊(キスして幽霊)』パク・ボンパル役、テギョン

 

この投稿をInstagramで見る

 

m* 韓ドラ記録(@mana_kdrama)がシェアした投稿 -

『戦おう、幽霊』(邦題・キスして幽霊、2017)では、テギョンが幽霊が見える大学生パク・ボンパルを演じました。

人生の目標である10億ウォン(1億円)を稼ぐため夜な夜な幽霊退治に奮闘するボンパルは、ある日幽霊退治に行った女子高の校舎で、過去の記憶をすべて忘れ、自分が死んだ手掛かりを探している女子高生幽霊キム・ヒョンジ(キム・ソヒョン)と出会います。

ボンパルとヒョンジは偶然キスをしてしまい、キスをした時に記憶が少しだけ戻ったヒョンジはもう一度キスをしようとボンパルに付きまとう事に…。

幼い頃から幽霊が見え、変人と思われがちな大学生という、誰もチャレンジした事が無いような役もテギョンが演じると説得力があります。

そしてどんなにダサい(失礼)貧乏大学生の服装でもカッコ良く着こなしてしまう、テギョンのイケメンパワーに感動します。

テギョンはヒョンジ役のキム・ソヒョンと年の差が11歳でしたが、息はピッタリ。最後はもちろんハッピーエンド。ドキドキや切なさが詰まったハッピーなドラマです。

『七日の王妃』ソノ役、チャンソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

유우코🌹(@t_yukoyeon2715)がシェアした投稿 -

『七日の王妃』(2017)に出演したのはチャンソンです。このドラマは瑞敬(タンギョン)王后の実話をモチーフにした本格時代劇で、2人の王に愛され7日間だけ王妃の座につき、廃妃された女性の悲恋を描く歴史ストーリー。

パク・ミニョン、イ・ドンゴン、ヨン・ウジンという豪華な配役の中、チャンソンは時代劇に初挑戦し、非常に高い評価を得ました。

チャンソンが演じたソノはヨクの親友で良き理解者。温厚な風貌に似合わず義理堅い人情派。幼い頃にヨクとチェギョンに助けられたことをきっかけに、2人に忠誠を誓います。

ソノはヨクの為に生涯を閉じることになる、ドラマの中で非常に重要な役どころです。

チャンソンは時代劇特有の話し方が分からず悩んだそうですが、専門の先生に「語尾だけ変えて後は普段どおりに」というアドバスを受け、話し方のコツや練習方法を教わり解決したそうです。

出演シーンは多いのですが、表情で語る寡黙な役なのでチャンソンのセリフは貴重です。お聞き逃しなく!

スキャンダルが原因?メンバー脱退の真相は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

real_2pmstagram(@real_2pmstagram)がシェアした投稿 -

2PMにもう1人のメンバーが居たことを知っている方は多いと思います。

2PMはメンバーは7人でデビューを飾りました。もう1人の名前はパク・ジェボムで韓国系アメリカ人、2PMの最初のリーダーだったことで有名です。

2008年から活動をしている2PMですが、2009年9月にパク・ジェボムが練習生時代にアメリカのウェブサイトに書き込んだ内容が「韓国を卑下したものだ」と論議になってしまいます。

世間からバッシングを受けてジェボムは脱退を表明、その日のうちにアメリカに帰国しました。

そして2010年2月26日、正式にJYPエンターティメントから解雇となり、これにより、2PMのメンバーは6人となりました。

ジェボムは帰国後ソロで活動し、現在もヒップホップレーベルを立ち上げるなど、別の道で頑張っているようです。

かなり大きな問題となった騒動でしたが、ファンとしてはメンバーもジェボムも応援していきたいと思います。

長続きは仲が良い証!

 

この投稿をInstagramで見る

 

real_2pmstagram(@real_2pmstagram)がシェアした投稿 -

この記事では2PMについて、2019年の最新の情報を盛り込んでお伝えしてきました。

2PMはメンバー同士とても仲が良く、家族のような雰囲気すら感じますし、ファンをとても大切にしてくれるグループでもあります。そんな所が長く人気を保っている秘訣であると思います。

現在は兵役服務期間のため、ソロ活動がメインとなりますが、メンバーの絆は変わりません。これからも野獣アイドル2PMを応援していきましょう!

© 2020 K-Channel