2018年韓国芸能界を盛り上げたトップスターBEST5をピックアップ!

人気記事

【脚本家】キム・ウンスク

 

View this post on Instagram

 

hirokoさん(@roko645)がシェアした投稿

「シークレットガーデン」「太陽の末裔」「トッケビ」など、韓国ドラマ好きなら誰しも一度は観たことある作品ばかりかと思います。これらの作品の共通項はズバリ!脚本を全て脚本家キム・ウンスクが手掛けたという点。

韓国No.1ヒットメーカーと呼ばれ、日本でもファンが多いキム・ウンスク作家ですが、彼女が2018年、新たに手掛けた作品はtvNドラマ「ミスター・サンシャイン」。混乱の朝鮮時代末期を、独特な世界観で再現し、視聴者を夢中にさせました!

イ・ビョンホン主演のドラマ「ミスター・サンシャイン」は、18.1%という最高視聴率を記録し、キム・ウンスク作品の“不敗神話”更新に見事成功しています。

【アイドル・俳優】D.O(ド・ギョンス)

 

View this post on Instagram

 

EXO Officialさん(@weareone.exo)がシェアした投稿

2018年、スクリーンとお茶の間双方で、興行性と話題性どちらも掴みとったのは、人気アイドルグループEXO(エクソ)のメンバー、D.O(ド・ギョンス)。実は、韓国では「EXOのD.Oは知らないけれど、俳優のド・ギョンスなら知っている」という人も少なくないのだとか。

アイドル業と並行して、俳優として精力的に活動を続けるD.O。年明け早々に映画「神と共に」に出演し話題を呼び、続いてドラマ「100日の郎君様」では、ドラマ初主演ながらも堂々とした演技を見せ、高い評価を得ました!

「100日の郎君様」で、クールな世子イ・ユルと、マイペースなウォンドゥクの一人二役をこなし、高視聴率を叩き出しました。独特な世界観と安定した演技力で、俳優ド・ギョンスの名を、再び世に知らしめることとなりました。

まとめ

以上、2018年の韓国芸能界を盛り上げたスターたちを紹介してみました。こうして振り返ってみると、韓国芸能界への彼らの貢献度がよくわかりますね。

ついに幕をあけた2019年。今年はどんなスターが輝かしい活躍を見せてくれるのか、期待が膨らみます!