ビートボックスの才能を持つ14人のKPOPアイドルとは?

人気記事

ビートボックスの才能があるKPOPアイドル14人とは?

さまざまな才能に恵まれているKPOPアイドル達ですが、その中でも魅力的なのが「ビートボックス」の才能です。いつでもどこでも、リズムをとればすぐにできるビートボックス。音楽もいらず、とってもクールで便利なパフォーマンスです。

今回は、このビートボックスの才能にあふれた14人のKPOPアイドルをご紹介したいと思います。

【関連記事】

1.バビ (iKON)

デビュー以来、グループのビートボックス担当のバビ。ボーカルサウンドとビートボックスエレメントをミックスした、ユニークなリズムを生み出しています。

2.T.O.P (BIGBANG)

深くてハスキーな声が特徴のT.O.P。

パターンとテンポを素早く切り替えたビートボックスで、会場をノリノリにします!

3.ドンウ (INFINITE)

よく響く落ち着いた低音のドンウのビートボックス。とっても素敵!

4.ボミ(Apink)

ボミはキュートなイメージとは真逆の、クールなビートを刻むことができます!でももうちょっと練習が必要かな?(がんばれ!ボミ!)

5.ジャクソン(GOT7)

GOT7はすべてが完璧。もちろんビートボックスも例外ではありません。そのカッコよさに気絶しちゃいそう!

6.ゼロ(B.A.P)

ゼロのビートボックスはあまりにスゴ過ぎて「いつ息をするの?」って思っちゃいます。

7.ミノ(WINNER)

ミノのビートボックスはリズムだけではありません。ビートサウンドを使って、魅惑的なダンスパフォーマンスも見せてくれます。